So-net無料ブログ作成

エンジンレイアウトと車の形 [車・バイク]

最近ではだいたい経済性と居住性能、走行性能のバランスでエンジンレイアウトと駆動方式は決まってきたが、この2つは結構密接な関係がある。
イノベーションを起こした車というのは大抵、構造から革命を起こしているのだ。
12818354503_bfebc7a9ac_z.jpg
FFならばミニ。
パワーユニットと駆動系をフロントにまとめることで室内最大化を目的としているので、
形がそれまでのものと大きく異なっていた。
低床かつオーバーハングが極端に短く、10インチの小径タイヤのため、
小型犬のような愛らしい外観だがゴーカートのようなハンドリングという個性的な車になった。

RRならばポルシェ911。
パワーユニットと駆動系をリアにまとめることで4つのタイヤそれぞれの役割を分け、加速時には駆動輪であるリアに、減速時には4輪全てに同量に面圧がかかるように考えられている。そのため、リアのアプローチアングルが長い。
加えて低重心の水平対向エンジンで圧倒的な加速性能を誇る。
なのに丸目2灯のカエルのようなファニーフェイス、リアに流れる女性的なラインで
シルエットをみるだけで911とわかる独特のスタイリングを持っている。

ミッドシップならフィアットX1/9
エンジンを車の重心近くにレイアウトすることで、加速・減速・コーナリング時に
よけいな慣性力が掛からず、あらゆる運動性能が高まる。
しかし最もかさばるエンジン回りが車の一番おいしい場所にあるため、居住性や積載性は
ないに等しい。
鬼才ガンディーニがベルトーネ時代にデザインした傑作のスタイリングに
ジャンパウロ・ダラーラがセッティングをしたという奇跡の車。

フロントミッドシップならエスティマ。
ミニバンで低重心を達成しようとエンジンをフロントアクスルより後ろに積んだ
レイアウトを取った。
ミニバンと言えば鈍重なコーナリングで外乱に弱い、という宿命を覆した車で
それまでのボンネットが突き出していた野暮ったいスタイルではなく
「天才タマゴ」と自称していたくらい特徴的なスタイリングをしていた。

しかし、今ではスペース効率からFFがかなりの割合を占め、次にAWD、FRと続き
それ以外のレイアウトは風前のともしびだ。

そのうち電気自動車になれば、エンジンもトランスミッションもドライブシャフトも
全部不要になって、クルマの形はレイアウトに囚われなくなるのだろう。

なんでも自由というのは良いようでいて、実はあまり独創的ではなくなる。
制約があるからこそオリジナリティが出る。
そういう意味では、もう車に独創性は不要なのかもしれない。



スポンサードリンク



タグ:レイアウト


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ステッカー・エンブレムと時代 [車・バイク]

最近の車と1980年代ごろの車を見比べて気づいたことがある。
外装から文字が減っているのだ。
5875766629_ac9daa3593_z.jpg
「TURBO」「DOHC24V」「LIMITED」などなど車名に加えてグレード名や最新機構など、かつては車の側面にもデカデカと描かれていたものだ。

今はもうリアの片隅にメーカーエンブレム、車名、グレード名のみがバッジで貼り付けられるのみ。場合によってはグレード名さえもない。

それはやはり、社会が進化して車を持つのが当たり前になり、様々なレベルが上がってきたからだろう。

技術の進歩でターボ搭載やDOHCにアドバンテージがなくなった
エコ意識の高まりでハイパワーよりエコフレンドリーが競争指標になった
デザインリテラシーが上がり、デカデカと文字を見せることが恥ずかしいと思うようになった

オリンピックの記録のように、クルマも高性能が当たり前になってコモディティ化してしまったのだ。

車はステイタスであった時代、ユーザーはより良いものを手に入れた証明として、外見からわかる特徴を求めた。

目標は2つ。豪華か、スポーティかだ。

大きいサイズのボディ、大きい排気量のエンジン、大径のタイヤ、派手な空力付加パーツ、豪華な内装。

そうすると、性能が高いのに外見からわからないものにはユーザーはカネを払ってくれないので、ステッカーやバッジなどで文字表記することで誇示した。
一番有名なのは、BMW2002ターボのリップスポイラーに鏡文字で「TURBO」と表記したことだろう。先行する車のバックミラーで見ると正しく見えることから、「高性能車だ、見えたら道を譲れ」という意図があったようだ。
量産車世界初だったからかもしれないが、かなりあざとい手法ではある。

現代の技術なら1.4Lターボでマルニターボをを超えられるだろう。しかもより安全で、燃費ははるかに良いのだ。

今はクルマが環境に悪いとか、高くて必要がないとか逆風の時代だが、改めて昔の人から比べたら信じられないくらい良いクルマを安価に手に入れられるようになっていることを忘れてはいけない。
もっとクルマに乗って、楽しい生活を満喫すべきだと改めて感じた。



スポンサードリンク





スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

エンジン性能とオイル消費 [車・バイク]

走行していたら車のオイル警告灯が点いた。
5513308851_6fcf885ee8_z.jpg
油量が足りないようで、インフォメーションパネルに1L補充とでてきたので、指定グレードの

オイルを補充した。

今の車に替えてから5000km程度しか走っていないのだが、日々割と消費しているらしい。

特にヨーロッパ車はエンジンオイルは減るものという前提で設計されているようだ。

国産車の感覚だとオイルは減らず5000キロごとに交換だが、ヨーロッパ車だと減ったら継ぎ足し

15000キロくらいまで交換しないとのこと。

アルファに乗っていた時も割と減りが早く、それまで乗っていた国産の感覚で「まだ大丈夫」

とたかをくくり交換をさぼっていたら、エンジンがガラガラ言うようになってしまった。

メンテ前提で高い性能を発揮するヨーロッパ車か、極力メンテナンスの手間を抑えて

それなりの性能を発揮する日本車か、どちらのスタンスが正しいのかはなんとも言えない。

乗りっぱなしの道具として短期間に乗り換えていくのは使い捨てのこぎりのようで

割り切れば正しいのかもしれないが、愛着はわかない。

そういうものづくりの思想を含め

最近ヨーロッパ車と日本車のレベルがだんだん離されてきているような気がする。




スポンサードリンク



タグ:オイル


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。