So-net無料ブログ作成

昨今のレーシングマシンのデザイン [車・バイク]

来年、2017年はF1のレギュレーションが大きく変わるらしい。
14478754938_232437c111_z.jpg
タイヤが幅広になり、ワイドな見た目になるようだ。やっとF1らしい美しさが戻ってきた。

レーシングマシン開発はレギュレーションの抜け穴をいかに見つけるかが

他チームとの差別化でもあり競争力の源泉でもあった。

しかし、どこか1チームがその金脈を掘り当てたとしても翌シーズンには規制が入ることが多い。

ウイングカー、ファンカー、ターボ、アクティブサス、ローンチシステムなどなど。

それがレーシングカーとして正常進化の形であれば、そのまま踏襲されることもある。

ハイノーズなどは典型例だろう(正確には規制もあるが)

コンピュータやセンサー技術ががそれほど発達していなかったころは

カーデザイナーの発想も粗削りで大胆なものが多かったが、その分美意識は保たれていた。

しかし、シミュレーションが机上でできるようになってくると細かい細工が多くなり

美意識よりも効果の方が優先されてくると、マシンにだんだん変な羽根とかが増えて

不細工になってきた。今のF1の天狗の鼻のようなノーズやフロントウイングなどが典型だ。

「速けりゃ何でもいいじゃん」というのも確かに正論ではあるが、それより前にレーサーは

「人々の速さへの憧れ・象徴」的な存在でもある。

「速いものは美しい」のが概ね今までの歴史だった。

振り返ってみると、チャンピオンマシンは大体その時代でもっとも美しい。

2輪のグランプリがまだGP500と呼ばれていたころ、イタリアのカジバというメーカーが

参戦していたとき、雑誌の記事にエンジニアのコメントが載っていた。

それは「レーサーは速いだけでなく美しいことが必要だ」というものだった。

事実、他の日本メーカーのホンダ、ヤマハ、スズキよりも各部の仕上げは美しかった。

湾曲スイングアームのプレスの溶接跡、チャンバーの角度、カーボンサイレンサーのリベットなど

まるで工芸品のようだった。(結局カジバは1勝しかできなかったが・・・)

最高峰クラスは、やはり最高に速く美しいマシンであってほしい。

F-1はワイド&ローフォルムで、オープンコクピットが一番美しい。

MotoGPも、ウイングレットがないスリムでシャープなスタイルが一番美しい。

早く開幕で美しいマシンたちが並ぶのを見たい。

スポンサードリンク



タグ:F1 MotoGP


スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

革 クルマやバイクと切っても切り離せないパートナー。 [車・バイク]

基本的に車やバイクは座って操作をする。
8304995053_d1acd333b5_z.jpg
人間とクルマとの操作装置や座席には、結構な割合で「革」が使われる。

レザーシート、革巻きハンドル、革巻きシフトレバー、革巻きサイドブレーキ。

手が触れるものはなぜか牛革が使われることが定番となっている。

さらに人間が着るもので革ツナギなどもある。

機能的には化学製品にもいいものが出て来ているが、質感はやはり革に敵わない。

クルマの車内は‐30℃から100℃近くにまでなる過酷な環境だが、それに対応できる天然素材では

やはり革が優れている。

過酷さに耐えるという意味では革ツナギにしても同様だ。

バイクで転倒したことがある人ならわかるが、普通の衣服はアスファルトの前では

何の防御にもならない。丈夫と思っていたジーンズなど、あっという間に破れてしまう。

しかし、革は違う。100km/hで転倒して地面に投げ出されても、打撲はともかく

擦過傷はほとんど防いでくれるのだ。

元は生き物の表皮に過ぎないのに、なめし処理など適切な加工をするだけで

驚くほど多用途に使える素材になるのはすごい。

だからこそ手入れも適切にしなければならない。

使い込んでいけばいくほど味が出るのも天然素材のいいところ。

ハイブリッドなど技術は進んでも、革は変わらずに使い続けられるだろう。

スポンサードリンク



タグ:レザー


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

おしゃれは足元から?ドライビングシューズのススメ [車・バイク]

普通、外に出るときは靴を履く。仕事には革靴、カジュアルではスニーカー。
11091754246_ff885d0dc7_z.jpg
用途に応じて様々な靴があるが、ドライブにもドライビングシューズがある。

特徴としては滑りにくいゴム底でかかとまでフラット、さらに後ろの立ち上がりまで

ゴムが貼られている。

表はバックスキンだったり型押しの革だったりする。

もちろんそういう仕様になっているのにはそれぞれ理由があり、

ペダルを踏むときにかかとの角がすり減りやすいのでゴムが貼られているし、

ペダルに引っかからないようにかかとはフラットになっているし

雨の日に滑らないように溝付きのゴム底になっている。

革靴に慣れていると普通にあるくにはかかとが低いため、ちょっと違和感があるが

普段の外出にも使える。

普通のスニーカーや革靴で運転しているとペダルからの感触が遠く感じるが

ドライビングシューズはきちんと情報を伝えてくる。

車での外出でちょっと非日常感を感じるのにちょうどいいアイテムなので

揃えてみるといいだろう。

スポンサードリンク





スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

男気あふれるピックアップトラック [車・バイク]

アメリカ映画を見ると、たまにピックアップトラックが出てくる。
15958639684_00f5523651_z.jpg
日本ではあまりなじみがないが、荷台にさまざまな趣味の道具を載せて走れるので

アメリカでは結構人気があるようだ。

フォードF150などが定番だが日本車でもタコマやタンドラなどが売れているようだ。

ただ、日本で乗るにはあまりにデカすぎる。

サニートラックやスバルブラットなどがちょうどよいだろう。

30年くらい前は結構サニトラやダットラが街中を走っていたものだ。

なお、変わり種ではスズキのマイティボーイがあるが、さすがに何も積めない。カワイイが。

ミニバン全盛の現代では全く売れないのはわかっているが、

スーパーカーとはまた違う「非日常感」を味わうのにピッタリな車で

シーンとしては南国の夕日が似合う。

沖縄に別荘でも持てる身分になったらぜひ手に入れたい。

スポンサードリンク





スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

意外に重要?クラクション [車・バイク]

車は様々な音を発生して走っているが、唯一自らの意志で音を出すものがクラクションだ。
4892977395_03a18607a4_z.jpg
日本ではクラクションを鳴らす機会というのはあまりない。

なので、意外に自分の車のクラクションの音を知らなかったりする。

頻度が少ないとコストダウン対象になるのか、軽や営業車などは実に情けない音がする。

でも輸入車はそこのところもしっかりしていて、まるでトランペットのようないい音がする。

普段鳴らす機会が多いせいだろうか。

輸入車で使われているメーカーのアフターパーツに替えても大した値段にならないので、

お手軽ドレスアップとしてクラクションはおすすめだ。

ついつい鳴らしたくなってトラブルが起きても自己責任で・・・。


スポンサードリンク





スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

鉄チンの機能美 [車・バイク]

スチールホイール、通称鉄チンは、クルマのマニアからはさげすまれてきた。
7526207466_c47bf761b6_z.jpg
鉄は比重が重く、ばね下重量がアルミホイールより重く、かつデザイン性にも劣るからだ。

なので通常は黒く塗られた鉄チンホイールの上からアルミホイールを模したホイールキャップを

被せることが多かった。

しかし、最近はCAD設計能力もあがり、スチールの製法も変わって軽量な鉄チンホイールが

出て来ており、重さではアルミと変わらない。

また、肉抜き用の穴が却って武骨なカッコよさを醸し出していることにだんだんカーデザイナーも

気づき始めたようだ。

プレス型さえ工夫すればもっと曲面を活かしたデザイン性の高い鉄チンができるはず。

安くてかっこいいホイールはウケると思うので

ぜひどこかのメーカーでシリーズとして出してほしい。

スポンサードリンク





スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

助手席からの景色もまた楽し。 [車・バイク]

運転が好きなのであまり助手席に座る機会はないが、たまに人の運転する車に乗ることがある。
9105513328_50d00d69bc_z.jpg
昔は助手席に座る人には結構役割があった。

地図を見て道順を指示する、エンジンが止まったら押し掛けする、ミラーを調整する、

カセットテープを入れ替える、話し相手になるなどなど。

しかし、いまやカーナビ機能付きスマートフォンがあり、ミラーは電動、エンジンはトラブルフリー

会話もSiriにお任せ、となるとやることがない。

逆に助手席は運転席とほぼ同じ視界である分、自分のタイミングと違う操作をされると

結構気になってしまう。

あれ、ブレーキ早すぎ/遅すぎ、右折や合流のタイミング違う、シフトが雑、割り込みされてる

、普段物静かなのに運転の時性格違うなあ・・・駐車の時切り返し多くない?

みたいな些細なことが積み重なって割とストレスを感じる。

仕方がないので、できるだけ横を見るようにしている。

すると、普段運転している道でも結構見落としていることがあって、

「こんな看板あったっけ?」とか「あのレストランのメニューうまそう」とか意外なものが目に入り

なんだか新しい街に迷い込んだ錯覚を覚える。

また、夜景は絶対に助手席のほうが堪能できる。

定番だがレインボーブリッジやベイブリッジを通るときは「あー助手席でよかった」と

得した気分になる。

なんだかぼーっとしたいときは、助手席に乗せてもらうのも一つの手だと思う。

スポンサードリンク



タグ:助手席


スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2CV。コットンのような素朴な車 [車・バイク]

実用車の中には長寿な車種がまれに生まれる。

有名なのはオースチンミニやVWビートルだが、意外にシトロエンも2CVという名車を

作っている。
2538364086_852281cce1_z.jpg
元は庶民、それも農民のために作られた車だそうだが、とても味のあるスタイリングだ。

コンセプトは「こうもり傘にタイヤを4つつける」という、とても想像力をかき立てる

良いテーマだ。

ジャガイモを50kg載せて60km/h出せ、かつ乗り心地が良く、車重は300kg

女性でも簡単に扱え、3Lのガソリンで100km走れるのが要求品質だったらしい。

現代の安全基準では成り立たないような無理難題だが、苦労の末完成する。

屋根はキャンバストップ、ほっそいタイヤ、400㏄の空冷水平対向エンジン、トーションバーサス

2本スポークのステアリング、平面ガラス、波板外板、尻上りのスタイル、スパッツタイプの後輪。

何から何まで個性の塊のような車で、当初は酷評だったものの、大ヒットとなった。

最近の異形ヘッドランプを見慣れた身には丸形(角型もある)ヘッドランプはとても愛嬌のある

温かみのあるスタイルだ。

フランスの街並みによくマッチしていて、ソリッドカラーのフレンチブルーや彩度のひくい

グリーンが良く似合う。

今の時代だからこそ、再評価されていいクルマだと思う。


スポンサードリンク



タグ:2CV


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

子供も運転気分、ペダルカー [車・バイク]

幼少の頃、近所の友達が「ペダルカー」を持っていた。
5117677548_95a86186c9_z.jpg
子供が一人乗れるくらいの大きさの車のおもちゃで、前後するペダルをこいで進む。

ペダルの踏み込み方向を変えるとバックすることもできる。

また、ハンドルも実車と同じように左右に切ることができる。

つまり、動力が人力であることを除けば本物の車と同じように走れるのだ。

当時幼児園児だったので、親父の乗っているクルマと同じ動きをするその乗り物がうらやましくて

仕方なかった。

友達がいるときは頼み込んで貸してもらい、夢中になって走った。

木の間をスラローム、ハイスピード(と言ってもたかが知れているが)でジャンプ、バックで駐車。

自動車の動きの基本と楽しさをこれで学んだといっても過言ではない。

この楽しさは現代でも受け継がれているようで、Amazonでちょっと探してみたら

かなりヒットした。ペダルカー

トヨタ2000GTだのエンツォフェラーリだのマセラティだのGT-Rだの、なんでもアリ。

子供には細かい車種の違いはわからないかもしれないが、親はかなり楽しめそうだ。

逆に大人になってもこの楽しさを味わえたら・・・と思ったら

かなりガチなものを数年前にドイツ人が開発していた。

Trailcraft

しかも4駆らしい。欲しい!!!商品化してくれないかな・・・

これなら自転車とはまた違う楽しみ方ができそうだ。

スポンサードリンク



タグ:ペダルカー


スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ああ・・・ホンダ・・・。 [車・バイク]

F1日本GPが終わった。
13083917815_de69887650_z.jpg
マクラーレンホンダは、なんと16位と18位でフィニッシュだった。

(ちなみに昨年2015年は11位と15位だった)

ハース、ルノーはもちろんのこと、なんとザウバーの後塵を拝することになるとは予想外だった。

鈴鹿サーキットはドライバーズサーキットと呼ばれ、テクニックに大きく依存するはず。

なのに、ラインナップ上トップクラスのテクニシャンであるアロンソとバトンがこの有様とは。

ホンダはピークパワーはともかく、デリバリーは非常に優れていると聞く。

それなのにその実力を発揮できないのは

シャシーの能力不足とセッティングが出ていないことに起因するのだろう。

パワーがあっても、出力特性が良くても踏めないクルマは非常にみじめだ。

過去の成功体験に囚われて、ホンダは組むコンストラクターを間違えたとしか思えない。

反メルセデス陣営ならばトロロッソもしくはレッドブルと組むべきだった。

今となっては手遅れだが・・・

日本人として日本企業が苦しむ姿は見ていられない。

とにかくマクラーレンは17年以降に向けて少しでも早く、優秀なシャシーデザイナーを

見つけるべきだろう。

これ以上巨額の開発費をつぎ込んで凡庸以下のマシンを作り出すことは避けなければ

マクラーレンの名もホンダの名も汚す一方になってしまう。

スポンサードリンク



タグ:日本GP


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。