So-net無料ブログ作成

オトコ心をくすぐるドア [車・バイク]

たいていの乗用車にはドアが付いている。
file5781241110450 (Small).jpg
クルマに乗り降りするときにつかう扉で、たいていは前側にヒンジと呼ばれる蝶番が

ついており、家のドアと同じように軸を中心に水平回転運動をして開け閉めする。

ミニバンであればスライドドアという平行移動するものもあったりする。

普段ことさら気にするものでもない。

しかし、ことスポーツカーになると、へんてこな開き方をするものが出てくる。

一番有名なのは、ランボルギーニのシザー(はさみ)ドアだ。

どういうわけだか垂直回転運動をする。

また、メルセデスベンツ300SLのガルウイングドアも有名だ。

こちらは正面から見て鳥の翼が開くように回転して跳ね上がる。

この2車があまりに有名になったため、もっと変わり種も出た。

マクラーレンF1のバタフライドアは斜め上に開く。

トヨタ セラも同じ方式だ。

ケーニグセグはラプタードアという、車体から離れて垂直回転するという開き方をする。

元祖となる300SLは、サイドシルの剛性確保のため、通常のヒンジ開閉では

スムーズに乗り降りできないから仕方なくガルウイングに・・・

などと言っていたが、その開いた姿のインパクトのほうが強い印象になってしまった。

こうなると、もはや合理性はどっか行ってしまって、いかにヘンテコな開き方ができるかを

競っているような感じになってしまった。ぶっちゃけ剛性など他に幾らでも確保する方法はある。

ただ、確かに開いた時のインパクトはすごい。間近でみると圧倒される。

オトコは無駄に目立つことが大好きだ。

「あんなの意味なんてないんだよ」と口先だけで言ってても、実際は乗ってみたくてたまらない。

街中で意味もなくバカッと開けて、周囲の人に「おおっ」と言わせてみたい。

ある意味中2病的なドアともいえる。

ランボルギーニは男の夢、いつかは乗ってみたい!!

スポンサードリンク





スポンサードリンク


憎めないやつ、イタリアンカー [車・バイク]

少し前までイタリア車に乗っていた。
13510512334_f0e4ce57bf_z.jpg

ごく標準的な車種・グレードだったので、すごい性能だったわけではない。

なぜ買ったかというと「デザインが好きだから」の一言に尽きる。

試乗する前は「イタリア車だから元気よくエンジンが回るのだろうな」と思っていたが

ぶっちゃけた話、信号からの0発進ではカローラにも負けるような加速しかしなかった。

小排気量の癖に燃費も良くないし、決して静かでもない。脚が固いわけでもない。

ただ、ハンドルの切りはじめだけはやたらクイック。ただし鼻先が長く、小回りは利かない。

見掛け倒しで中身のないイケメンみたいなもんか・・・と思っていたが、

見直したのは高速道路での走りだった。

70~80km/hではちょっと乗り心地悪いなという感じなのだが、

100km/hくらいからは急にしなやかに変わり、ハンドルもぶれずビターっと走る。

そこでやっと「この車の真価を感じるにはスピードレンジが低すぎたのか!」と気が付いた。

エンジンを回し、スピードを出してこそのイタリアンカーだったのだ。

とはいえ、そうそうスピードが出せる場所があるわけでもない。

ほとんど魅力を引き出せずに乗り換えてしまった。

また、比較的最近のクルマということもあり、思っていたほどトラブルはなかったが

オルタネータが死んだり、パワーウインドーが上がらなくなったり、

オイルが減りすぎてエンジンがガラガラ言うようになったり、塗装が剥げてきたリと

乗っているうちには、まあまあいろんなことがあった。

でも不思議と「トラブル起きたからもうこんなクルマいらん!」とはならなかった。

道具というよりペットに近い、憎めないクルマだった。

スポンサードリンク



タグ:イタリア車


スポンサードリンク


クルマのブランドとファミリーフェイス [車・バイク]

乗用自動車の場合、主にフロントグリル周辺で特徴となる共通デザインをしていることがある
_DSC1201 (Small).jpg

メルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターやBMWのキドニーグリル、アルファロメオの盾

ロールスロイスのパルテノン神殿風グリルなどが有名。

最近ではアウディのシングルフレーム、レクサスのスピンドルグリル、

マツダの5ポイントグリルなど。

クルマに詳しくない人でも見わけがつくように、ブランドのアイデンティティを表現する

記号デザインなのだが、印象が強いだけに諸刃の剣となる。

メリットは、その要素を入れるだけで他社のクルマとの差異が出せるが

デメリットは前モデルや他のグレードとの差異が出しにくいこと。

良くも悪くも車は耐久消費財のため、新しさを演出しなければならない。

なので、最近はグリル部分にも手を入れるパターンが増えてきた。

個人的にはグリルデザインを共通化させるのは賛成だ。

クルマは単なる道具でなく、嗜好品でもあるので、その会社の歴史を含めた「ブランド」に

所有感の価値を認めるからだ。

たとえ同じ500万円のクルマだとしても

「Aさんがトヨタに乗っている」と聞いてもなんとも思わないが

「Aさんがベンツに乗っている」と聞くと、おおっと思う。

たとえAクラスであってもSクラスであっても、ファミリーフェイスでブランドのイメージ統一を

図っている限り、「おおっ」と思うのだ。

その意味で、最近のマツダのファミリーフェイス統一は見事だと思う。

デミオであっても高級感を感じ、ヴィッツやマーチより1クラス上に思えるのだ。

キャラを立てるというのはつくづく大事だ。

スポンサードリンク





スポンサードリンク


LEGOは男のロマン [グッズ]

以前、トミカは誰もが通る道と書いたが、LEGOも子供には人気だ。
14780779738_20e8e01a52_z.jpg

ブロックを組み合わせてモデルを作るので、曲面表現は苦手だが、それゆえに想像力を刺激する。

レゴが公式に売っているものでも、子供向けの優しいものから、特殊パーツありまくりの

上級者向けまでさまざまなものがある。

特にLEGO TECHNICなどはすでに子供のおもちゃのレベルを超え

工芸品と言える完成度にまで達している。

このような高価なモデルでなくても、様々なパーツを組み合わせて

自分独自の形を生み出したときは、何とも言えない満足感を味わえる。

気軽に没入できるので、気が付いたら3時間くらい経ってしまうことも。

でも時間を無駄にした感じにはならず、ものすごくクリエイティブな充実感が残る。
IMG_0280 copia.jpg

梅雨の時期、外が雨で退屈・・・などというときの過ごし方にLEGOはぴったりだ。

スポンサードリンク



タグ:レゴ LEGO


スポンサードリンク


ヒルクライムの祭典 Pike's Peak(パイクスピーク) [車・バイク]

衝撃の結末だったルマン24時間耐久レースの興奮冷めやらぬ中、パイクスピークが始まった。

8987305712_e23df04fa7_z.jpg

予選はルマンの覇者、ロメイン・デュマが制したようだ。

しかし、ホンダ4モーターコンセプトの山野哲也、E-ランナーコンセプトワンのモンスター田嶋も

頑張っている。

パイクスピークはひたすら登り坂(高低差1400m!)なので

とにかくパワーとダウンフォースが命だ。

しかも途中から非舗装路に変わるので、舗装路用のセッティングだけでなく、

ダートでも速くなくては勝てない。

900馬力を超えるパワーで最高速は200km/h!

重力にあらがって出すこのスピードは、心底車のエネルギーを叩きつけた結果だ。

望むべくは日本車に勝ってほしいのだが、タイムをみたところ今年はどうも無理そうだ。

来年に期待しよう。


スポンサードリンク





スポンサードリンク


SAAB、北欧の風が逝く。 [車・バイク]

2017年、ついにSAABが販売を中止するそうだ。

file0001679225245 (Small).jpg

スウェーデンのメーカーで、ボルボと並ぶ個性的な車を創るメーカーだったが、

その個性が災いしたのか、あまり販売が伸びなかったようだ。

知っている人もいるかと思うが、SAABは戦闘機や旅客機も作っている。

かつてはそのノウハウが生かされ、空力に優れたボティや戦闘機のキャノピーのように視界が良い

フロントガラス、尻下がりのファストバックスタイルなど、一目でサーブとわかるフォルムだった。

ただ、経営難からGM傘下になったあたりから個性はなりを潜め、

だんだん普通の車になっていった。そうなるとドイツ車にかなうわけがない。

フランス車(特にシトロエン)もそうなのだが、昔の車のほうがメカニズムにもデザインにも

エンジニアの頑固なこだわりがあって、魅力的だった。

どんなプロダクトでもそうだが、もっとも量を売るメーカーが

最も魅力的な製品を作っているわけではない。

えてして万人が「これでもいいか」「これで十分」という程度の意識でしか思い入れがないものが

売れてしまう。

いや、それが一概に悪いわけではないのだが、それしか買わない・売れない世の中というのは

文化的な多様性を放棄してしまっている気がする。

北欧の「変わり者」がひっそりと去っていく。ボルボには頑張ってほしい。

スポンサードリンク



タグ:サーブ


スポンサードリンク


魅惑のブリティッシュスポーツカー [車・バイク]

世界で自動車を作れる国はそう多くはない。

file3961272048532 (Small).jpg

その中でも、とても魅力的な車、特にスポーツカーを生み出すのはイギリスだ。

一時期よりだいぶ減ったが、現在でもイギリスに本拠地を置くF-1チームが多い。

マクラーレン、ウイリアムズ、古くはロータスやティレルなど名門ぞろいだ。

乗用車でも、規模は小さいながらもデザイン・性能に優れた名車が数多く出てきた。

特に1960年代は美しい車が多い。

ジャガーEタイプ、MG-A、MG-B、トライアンフTR-4、スピットファイア、モーガン8、

ACコブラ、オースチンヒーリースプライト、ロータスエラン、ヨーロッパ、セブン。

CADなどなかった時代、設計者たちは自らの信念に基づいて性能を求め、それを表現する

ボディを自らの感性に従ってラインを引いた。

「良い車を創りたい」という純粋な思いが顕れたその曲線・曲面は、時代を超えて美しい。

現代の車は10年もすれば陳腐化するような浅いデザインが多い中、

タイムレスな価値というのはこの頃のブリティッシュカーのことを指すのだろう。

いま実際に所有すると遅い・壊れる・不便の3拍子で、快適性においては現代の車と比べるべくも

ないのだが、物の価値というのは機能・性能・価格で割り切れるものではない。

乗っている自分が英国紳士のような振る舞いになるよう、車が心を引き締めてくれる。

泥沼にはまるのは承知の上で、いつかは手に入れたい車たちだ。

スポンサードリンク





スポンサードリンク


トミカのミニカー、誰もが通る道。 [グッズ]

はたらくじどうしゃを読んでいた幼少期、つぎにはまるお約束は「トミカ」のミニカーだ。
17139541517_65e9dbd8e0_z.jpg

子供の手にちょうど良い大きさ、スムーズに回る車輪、サスペンション、開くドア。手ごろな価格。

不注意で落としても壊れず、踏んづけても痛くない優れもの。

10台くらいまとめて買ってもらい、夢中になって遊んだものだ。

当時のお気に入りは、いま40代以上の人ならわかる、「マツダ コスモ」だった。

いまの赤とはまた違う、鮮やかな赤に塗られたボディに立派なグリル、スタイリッシュな2ドアで

寝そべりながらローアングルで眺めるのが楽しかった。

また、スポーツカーや乗用車だけでなく、トラックやクレーン車やミキサー車など

マニアックな車種もあったので、妄想の中ではレースシーンだけでなく工事現場や救助活動にも

いそしんでいた。

また、車だけではなく「トミカワールド」というジオラマ?キットも魅力だった。

自分は買ってもらえなかったが、友達の家に遊びに行くと、

パーキングタワーだったり高速道路だったりを持っていて、夢中になって遊ばしてもらった。

最近トミカのページを見るとさらに充実していて、車種も

「ロータス エキシージ」や「SRT バイパー」や「ランボルギーニ レヴェントン」

などマニアックなところを突いてくる。

夢中になった、あの頃の夢を大人買いで叶えてしまおうか、悩みどころだ。

スポンサードリンク



タグ:トミカ


スポンサードリンク


Le MANS 24h 衝撃の結末 [車・バイク]

今年もルマン24時間耐久レースが終わった。

15834878202_ecb6707217_z.jpg

トヨタがルマン初優勝目前、残り3分でポルシェに抜かれるという劇的なレースだった。

今回はスタートからゴールまでトヨタとポルシェの一騎打ちで

24時間走っているにもかかわらず、1位と2位の差が90秒足らずというまれにみる激戦だった。

普段はF-1などスプリントレースしか見ないのだが、今年は戦前からトヨタの調子がかなり良いと

ニュースになっていたので、公式サイトでずっと推移を見ていた。

アウディやポルシェの1台がトラブル多発で後退する中、トヨタは2台とも順調に走り、

王者ポルシェにがっぷり4つに組んで離れない。

開始何時間たっても最速ラップの2~3秒落ちで飛ばしまくるドライバーたちは本当にすごい。

ポルシェに対し、燃費の良さでピット数が少ないトヨタTS050Hybrid。

のこり5分、ポルシェがピットインした時点で「勝った」と思っていたのだが。。。

耐久レースの魔物は最後に牙をむいた。トヨタ5号車、まさかのストール???マジか!!!

日本メーカー、日本人ドライバーの優勝という夢が散った瞬間だった。

しかし、感動的なレースを見せてくれたトヨタとポルシェに感謝。

また、出場チーム、ドライバー、サーキットのオフィシャル、観客・・・

このレースに関わる全ての人に拍手を送りたい。

スポンサードリンク



タグ:ルマン


スポンサードリンク


カート、最もシンプルで最も奥深いクルマ [車・バイク]

カートという乗り物がある。ゲームのマリオカートなどでおなじみだろう。
27466476465_653719c7dd_z.jpg

人一人が乗れる小型のエンジン付き4輪自動車で、サスペンションなしの

パイプフレーム構造になっており、ハンドル・ブレーキ・アクセルのみで操作する。

ドライバーはむき出しているので、運転するときはレーシングスーツとヘルメットがいる。

いくつか種類があるが、いわゆるレーシングカートは公道走行不可だ。

レンタルカートにしか乗ったことがないが、とてつもなく楽しい。

視線が低いので絶対速度が出ていなくてもスピード感はあり、

自動遠心クラッチなのでエンストもない。

サスペンションがなく、ノンパワーステアリングなので、路面からの情報は

ダイレクトにハンドルや尻に伝わり、「走っているんだ!」という実感がすごい。

一方で、シンプルがゆえにごまかしがきかない。簡単だと思ったら大間違いだ。

レコードラインを通らないとちっともタイムがでないし、ブレーキとアクセルを同時に踏まないと

コーナリングスピードを維持できないし、かといって少しでもコーナー中に無理な操作をすると

すぐにスピン。

もっとも原始的だがもっとも奥深い4輪車、それがカートだ。

世界最高峰のテクニックを持つF-1パイロットも趣味としてカートレースを楽しんでいる。

カートに慣れれば左足ブレーキングをマスターできるので、実際の運転にも役立つ。

遊園地のゴーカートとは次元の違うレーシングカート、車好きならぜひ体験すべきだ。

スポンサードリンク





スポンサードリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。