So-net無料ブログ作成
検索選択

不便なのに惹かれるオープンカー [車・バイク]

船、飛行機、クルマ、オートバイ・・・
乗り物はかつてすべて雨ざらしで、天気に左右されるものだった。
4886435054_dc7c5db759_z.jpg

雨が降ればずぶぬれに、風が吹けばあおられ、雪が降ればスタックする。
全天候に対応できる乗り物はかつて憧れだったのだ。

屋根が付き、ガラスのウインドウが付き、ワイパーが付き
2輪駆動から4輪駆動への駆動形式が進化し、
ABS、ESCなどの電子制御デバイスが発達し
サスペンションも性能があがり、よりフラットライドに
溝付きラジアルタイヤやスパイクタイヤ、スタッドレスタイヤ等路面変化への追従性が高まった。

より便利に、より快適に。
もちろんそれが求めていたことなのだが、それとともに失ったものもある。
乗り物なのに、居室化してしまい、移動している実感がどんどん削がれてしまったのだ。

移動の実感とは、自然との一体感だ。
風の速さ、日光の温かさ、土地の匂い。
オープンカーはそれを感じることができる。
だから、圧倒的に不便で不快なのを承知で買う人がいるのだ。

バイクも同様に感じることはできるが、基本的に一人で乗る乗り物な上に
むき出しになっている分、身体的な負担がより大きい。

移動の実感と快適性のバランスを見ると、オープンカーは最も走る喜びを満たしてくれる乗り物だ。
様々な理由で所有できないなら、レンタカーでもいい。
人生で一度は乗ってみよう。




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。