So-net無料ブログ作成
検索選択

エンジン性能とオイル消費 [車・バイク]

走行していたら車のオイル警告灯が点いた。
5513308851_6fcf885ee8_z.jpg
油量が足りないようで、インフォメーションパネルに1L補充とでてきたので、指定グレードの

オイルを補充した。

今の車に替えてから5000km程度しか走っていないのだが、日々割と消費しているらしい。

特にヨーロッパ車はエンジンオイルは減るものという前提で設計されているようだ。

国産車の感覚だとオイルは減らず5000キロごとに交換だが、ヨーロッパ車だと減ったら継ぎ足し

15000キロくらいまで交換しないとのこと。

アルファに乗っていた時も割と減りが早く、それまで乗っていた国産の感覚で「まだ大丈夫」

とたかをくくり交換をさぼっていたら、エンジンがガラガラ言うようになってしまった。

メンテ前提で高い性能を発揮するヨーロッパ車か、極力メンテナンスの手間を抑えて

それなりの性能を発揮する日本車か、どちらのスタンスが正しいのかはなんとも言えない。

乗りっぱなしの道具として短期間に乗り換えていくのは使い捨てのこぎりのようで

割り切れば正しいのかもしれないが、愛着はわかない。

そういうものづくりの思想を含め

最近ヨーロッパ車と日本車のレベルがだんだん離されてきているような気がする。



タグ:オイル


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。