So-net無料ブログ作成
検索選択

ラリーカーと車の進化 [車・バイク]

トヨタが久しぶりにWRCに復帰するそうだ。
14387403880_24ff13cfce_z.jpg
なんと18年ぶりらしい。

1990年代~2000年代初頭は日本の3メーカーが参戦し、
ランチアフォードなどと激戦を繰り広げていた。

日本ではラリーカーのホモロゲモデルがバンバン売れ、その進化は年々過激さを増し
2Lターボ4WD280馬力が当たり前になっていた。今では考えられないことだ。

しかしトヨタはF1参戦、三菱スバルもリーマンショックなどで相次いで撤退。

現在のWRCはVWとヒュンダイシトロエンという、地味ーな3コンストラクターで行われている。

地味だが、もちろんレベルは高い。

継続は力なり。トヨタが帰ってきました、はいすぐ優勝!というわけにはいかない。

しばらくはヒュンダイの後塵を期すことになるだろう。

ラリーは速ければいいというものでもなく、トータルパフォーマンスと信頼性と戦略がものを言う。

ターマック、グラベル、アイス/スノー。

どこでもどんな状況でも安定して速くなければチャンピオンにはなれないのだ。

トヨタの活躍を見たうえで、また三菱やスバルが復帰してくれることを願っている。


タグ:ラリー


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。